Was this helpful?

以下の一般的概念には、Apigee 独自の意味が含まれています。

用語 定義
API 既存の API のファサードとして機能するプロキシ。開発者は、既存の API を呼び出すのではなく、Apigee によって生成された新しい API の呼び出しを開始します。このファサードはバックエンド API からパブリックインターフェイスを切り離し、バックエンドの変更から開発者を保護します。社内の開発チームに影響を及ぼすことなく最先端で革新を行えます。バックエンドを変更しても、開発者は中断されずに同じ API を引き続き呼び出します。より高度なシナリオでは、Apigee を使って同一 API に対する複数のインターフェイスを公開すると、API のシグネチャを自由にカスタマイズして開発者のさまざまなニッチのニーズを同時に満たすことができます。
API のベースパスとリソース API は、ベースパスと一連のリソース(リソースパスとも呼ばれます)から構成されています。それぞれの API に対して、単一のルート URL と複数のリソースパスを定義する必要があります。API とは、すべてが共通のベースパスを共有している URI のセットと見なすことができますAPI の管理を簡易化するために、Apigee ではこれらの生の URI を表示名と説明により補強しています。
API プロダクト サービスプランと組み合わされ、バンドルとして開発者に提供される API リソース(URI)の集合。API プロダクトには、モニタリングやアクセス解析用にビジネス固有のメタデータを含めることができます。
アプリ 開発者は、アプリを使用して API プロダクト内のリソースにアクセスします。アプリを作成する際に、含める API プロダクトを選択すると、Apigee によってキーが生成されます。それぞれのアプリには、複数の API プロダクトにアクセスするための単一のキーがあります。アプリによって、リソースに誰がアクセス可能かを制御することができます。アプリのキーを無効化して更新することにより、API プロダクトへのアクセス権を持つユーザーを制御できます。また、アプリの製品へのアクセス権を無効化したり削除することにより、リソースバンドルへのアクセスを制御できます。
環境 API のランタイム実行コンテキスト。実行時に API にアクセスできるようにするには、環境に API をデプロイする必要があります。デフォルトでは、Apigee の組織には 2 つの環境(「test」と「prod」)が用意されます。一般的に、「test」環境はテスト中の API をデプロイするために使用されます。「prod」環境は、通常、本番用途に向けて API をデプロイするために使用されます。
組織 Apigee アカウント内のすべてのオブジェクト(API、API プロダクト、アプリ、開発者など)のコンテナ。所属する組織ごとに 1 つのユーザアカウントが必要です。(ほとんどのユーザーは 1 つの組織のみでアカウントを持ちます)API の登録には、資格情報(ユーザ名とパスワード)および所属する組織の名前が必要です。
ポリシー API フローの中で、アトミックで再利用可能なロジック単位を実行する処理ステップ。一般的なポリシーには、適切なエンドポイントへのリクエストのルーティング、メッセージフォーマットの変換、アクセス制御の強化、追加情報のためのリモートサービスの呼び出し、外部ユーザーに対する機密データのマスキング、潜在的脅威に対するメッセージコンテンツの検査、パフォーマンス向上のための共通レスポンスのキャッシングなどが含まれます。ポリシーは、リクエストまたはレスポンスメッセージのコンテンツやコンテキストに基づいて条件的に実行できます。例えば、変換ポリシーを実行して、リクエストメッセージがスマートフォンから送信された場合にレスポンスフォーマットをカスタマイズすることも可能です。
リソース リソースは RESTful アーキテクチャの基盤であり、ネットワークアクセス可能なエンティティです。リソースの例として、Twitter のタイムライン、Google マップの画像タイル、Facebook への投稿などがあります。リソースは、URL に含まれる R と考えてください。
リソース
パス
リソースパスは RESTful の概念であり、特定のリソースへのネットワークパスを識別する統一リソース識別子(URI)です。
バージョン 開発者向け API インターフェイスのバージョン。例えば、 pivotaltracker.com/services/v3, or api.enterprise.apigee.com/v1など。この用語は「リビジョン」とは区別して使用されます。リビジョンは、API プロキシにバンドルされている、番号によりバージョン管理された設定とポリシーのパッケージに対して使用されます。つまり、API インターフェイスにはバージョンがあり、API プロキシにはリビジョンがあります。

 

Help or comments?

  • Something's not working: See Apigee Support
  • Something's wrong with the docs: Click Send Feedback in the lower right.
    (Incorrect? Unclear? Broken link? Typo?)